読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

少女漫画「分別と多感 」のレビュー

漫画

今日、読んだ少女漫画の感想を書きたいと思います。 桜田雛(さくらだ ひな)という作家さんの「分別と多感(ふんべつとたかん) 」という作品です。 桜田雛さんの漫画はイラストも世界観も独特で好き嫌いが分かれるのではないかと思います。ちなみに私はけっこう好きです。

「分別と多感」のあらすじ

格好良くて優しい人気者。そんな健人(けんと)に告白されてつきあい始めた彩(あや)。ところが、はじめて遊びに行った健人の家で出会った、遊び人の腹秋(はらあき)に強引に口説かれて…?「こんなのダメ…!」と、唇は分別を持って断るけれど、多感すぎる体は、激しく彼を求めてしまい…!!!

「分別と多感」の感想

あまりネタバレしないように気をつけてレビューを書きましたが、ちょっとだけネタバレもあるかもなのでご注意ください。

 

表紙からも分かるようにイラストはどこか怪しげな雰囲気のある独特なタッチです。よくある少女漫画のキラキラした感じのイラストとはちょっと違ってて時折、不気味さも感じるような感じです。
でも不気味さと同時にエロティックな妖艶な魅力や芸術性を感じます。
本当に好き嫌いが分かれると思いますので、嫌いな人は受け付けないだろうし、好きな人はこの先生の作品の世界観にどっぷりハマると思います。


1巻完結で「分別と多感」「妄想日記」「魔女になった人魚姫」の3作品が入ってます。
代表作の「分別と多感」の感想を書きたいと思います。

ストーリーもよくありがちなピュア恋とか胸キュンとかとは全然違います。
人間の欲望や身勝手さ、本能、ゆがんだ愛情などが垣間見えるような作品です。

話は短いのであっという間に読み終えてしまいますが、それでもこの独特の世界観は強烈なインパクトがあり、一瞬で不気味でエロい世界にひきこまれました。

登場人物はなかなか身勝手な人が多くて、あまり好感はもてませんでした。
が、実は人間の心の奥深くに潜んでいる欲望みたいなものが描かれているように思いました。

正直、読んだ後の後味の良い作品ではありませんが、なぜか妙に不気味な気分が変に気持ちよかったです。(ちょっと精神状態が悪いのかな?笑)

胸キュンな少女漫画はもちろん好きなのですが、たまにはこういう不気味な漫画を読むのも好きです。

 

「分別と多感」の感想まとめ

・イラストは少し不気味で独特だけど芸術性を感じた。

・1巻完結で3作品入っているので短くてあっという間に読めた。

・ストーリーは少しエロくて怪しげだった。

・幅広い年代の人におすすめの作品だと思う。

・絵もストーリーも非常に好き嫌いが分かれると思う。

・登場人物は好感は持てないが、人間の身勝手な心理が描かれている感じ。

 

 

分別と多感
桜田雛

amazonで見る
楽天ブックスで見る