読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

就職活動中の人は要注意・・・最近ある理由で不採用になる人が多いみたい

私の勤めている会社は人の入れ替わりが激しくて求人を良く出しています。
WEB系(電子書籍屋さん)の仕事なのですが、最近ではかなり売り手市場ですごく人手不足です。
求人の募集を出してもそれほど応募は多くありませんので採用率もけっこう高いです。
が、ある理由で不採用になる人達が多いことに驚きました。

f:id:freenotes:20150501230713j:plain


まず書類選考で名前や職歴を書いて送ってもらうのですが、スキルも高く即戦力になりそうな人でも残念ながら不採用になってしまう場合があります。
(私は採用係ではないので、社長から聞いた話ですが…)

その不採用の理由とは主にFacebookやtwitterなどのソーシャルサイトだそうです。
最近では本名でFacebookなどしている人がとても多いですよね。
ソーシャルサイトをやっていることが問題というのではなくて、内容が問題だったりする場合があるみたいです。

もちろん、その内容が良ければ逆に採用のきっかけになることも大いにあると思います。
なのでソーシャルサイトを利用すること自体は良いことだと思います。

ですが利用の方法次第では就職活動に不利になる場合があるので、実際に不採用になってしまった人の実例を挙げてみます。

・Twitterで人の悪口を沢山つぶやいてた。

・実名で検索してみたら前科ありだった。
(これはソーシャルサイトではなくてニュースサイトでしたが…)

・Facebookで検索したら、その人の友達が偶然にも社長の友達だったので友達に連絡を取って評判など聞いていたら、経歴詐称が判明。

どの程度の割合で企業がFacebookなど検索するのか分かりませんが、私の会社では採用の参考に必ず実名で検索しているみたいです。
私自身が就職活動の際には、そんなこと考えてみたこともなかったのですが入社後に、このようなことを知って「ひょえ~」と思いました。

就職活動中の人は、もしも検索されてまずい情報があるようなら、データを抹消しておいたほうが良さそうです。

それから会社でよく体調不良で休む人がいるのですが、Facebookで「○○に行ってきた!楽しかった」と日記を書いているので、会社の皆にバレてしまっています…(笑)ズル休みはたまには良いと思うのですが、Facebookに書くのはまずそうです。

私はネット上で何かヤバいことを書いたりはしてないのですが、正体がバレるとなんだか恥ずかしくて自由に書きづらくなるので、こっそりと活動したいと思います。

転職活動…なつかしいなぁ。
上がり症なので面接は苦手です。