読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

クッキングパパの元祖おにぎらずを作ってみた

漫画

最近、ネットやテレビで「おにぎらず」のことが話題になっているので、今日は初めておにぎらずを作ってみました。
「おにぎらず」は作り方が簡単で、レシピのバリエーションが豊富なことで人気だそうですが、今日はクッキングパパのレシピの元祖おにぎらずを作りました。

クッキングパパの「おにぎらず」とは?

 

クッキングパパ 22巻
うえやまとち

amazonで見る
楽天ブックスで見る

クッキングパパ22巻(第213話)で紹介されたレシピです。
私はクッキングパパの漫画を今日、初めて読んだのですが「おにぎらず」の他にも興味深いレシピが掲載されていて実用的だし、面白かったです。
漫画として楽しめるだけでなくて、料理本としても活用できるっていうのは改めて画期的だなぁと思いました。

ちなみにクッキングパパの22巻に掲載のレシピは以下の通りです。

ニンニクチキン/おにぎらず/パパレード/あさり丼/カルビクイ/たかなライス/ビーフシチュー/野菜スープ/いりおから/あげたま丼

この本が発行されたのは1991年(平成3年)なので、20年以上も前のことですが、おにぎらずは2014年の9月頃からネットで人気が広がってレシピサイトのクックパッドで取り上げられ、人気が爆発したそうです。

今では「おにぎらず」のレシピ本や、グッズなども沢山販売されていて爆発的なブームになっています。

クッキングパパ元祖おにぎらずのレシピと作り方
おにぎらずの材料

【材 料】(1個分) 

  •  温かいごはん 200g

  • ふりかけ 小さじ2

  • かつおぶし 小1パック

  • しょうゆ 小さじ2

  • わさび(チューブ) 5cm分

  • 梅干しのシソ 小さじ1

  • 梅干し 1個

  • 明太子 1/2本

  • 焼き海苔(全形) 1枚

出典:クッキングパパの元祖おにぎらず by クッキングパパレシピ [クックパッド]

【作り方】

1.明太子は薄皮をむいておく。梅干しは種を取っておく。

2.かつおぶしにしょうゆ、わさびを入れて混ぜる。梅干しのシソは包丁で刻む。

3.温かいごはんに2とふりかけを入れ、まんべんなく混ぜる。

ごはんとふりかけ等をまぜたところ

 4.焼き海苔はざらざらした面が上になるように置き、四方を3センチほど残し、3のごはんを均一な厚みになるように広げる。

おにぎらずに具を乗せる

5. 明太子、梅干しをそれぞれごはんの上に平行に置く。

海苔の四隅からから包む

6.海苔の四隅からごはんごと持ち上げるようにして包む。

7.裏返し、手で軽く押さえ、平らにする。

裏返し手で軽く押さえ平らにする

コツ・ポイント

*冷めるとごはんが広げにくいので、温かい物を使う。
*包む際は中心で海苔が少し重なり合う様にふんわりと。包んでしばらく時間をおくと、ごはんの水分で海苔がくっつくので、それから濡らした包丁で一気に切ると断面がきれい。

おにぎらず
作り方の文章の出典:クッキングパパの元祖おにぎらず by クッキングパパレシピ [クックパッド]

いよいよクッキングパパのおにぎらずの実食!

 予想通りの味ですが、めちゃめちゃ美味しいです!
わさび入れすぎて「辛すぎるかなぁ」と思ったのですが、丁度良い感じでした。
わさびがピリッときいていて、大人の味のおにぎらずです。
おにぎらずが食べる時くずれないのか心配でしたが、全然崩れることもなく綺麗に食べられました。

最後にまとめ

おにぎらずを作るのは本当に楽ちんで画期的だと思いました。
それに手で握らないので清潔だし、好きな具を挟みやすいし、これは一過性のブームではなくて今後の定番になりそうな予感です。
おにぎらずのグッズも色々売っているようですが、ラップで包むだけでも十分じゃないのかと思います。
これからも好きな具を挟んでおにぎらず作りたいと思います。

楽天市場での「おにぎらず グッズ」のランキング