読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

豆苗という野菜のあまりの凄さに戸惑いを隠せない

豆苗(とうみょう)って野菜をご存知ですか?
私は最近まで知らなかったのですが、最近、近所のスーパーでよく見かけるので買って食べるようになりました。
見た目は「大きなかいわれ」って感じなんですが、味はクセがなく食べやすいです。
どんな味か伝えたいのですが表現が難しいです。

豆苗ってどんな野菜?

↓こんな野菜です。

豆苗
見方によっては観葉植物にも…?

 豆苗(とうみょう、ドウミャオ)はエンドウの若菜。元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもので、中華料理の高級食材だったが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが根付き、またはカットされて販売されている。

出典:豆苗 - Wikipedia

これ、読んでから気付きましたが、確かにえんどう豆の味とそっくりです。
わたしはえんどう豆大好きなんですが、豆をさやから出すのがひと手間なので、あんまり料理する機会が少ないです。

豆苗は下準備もなく、切ってそのまま使うだけなので調理が楽チンで重宝してます。
サラダ、おひたし、炒め物、揚げ物、煮物、味噌汁、スープなどどんな調理法でも美味しく食べられます。

豆苗の栄養価は?

豆苗は、β-カロテンを100g当たり4700μgと豊富に含む。これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの約1.119倍に相当する。その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の含有量を上回る。

 出典:豆苗 - Wikipedia

おお~栄養が高いのは嬉しいですねぇ。

豆苗の価格は?

現在、日本で最も流通している根付きの豆苗は植物工場で水耕栽培される。そのため、農薬を一切使わずに栽培できる。また、天候に左右されず安定的な栽培が可能で、他の葉物野菜価格が高騰した場合にも通常と変わらない価格や品質で流通する。

 出典:豆苗 - Wikipedia

私の近所のスーパーではいつも80円~100円ぐらいで販売されています。確かに他の野菜は価格の変動がすごくありますが、豆苗はいつも価格が安定していてすっごく助かります。

豆苗ってまだ、あんまりメジャーな野菜じゃない感じがしますが、こうやって調べてみるとなかなか優秀な野菜なんですね。

豆苗の再収穫!

豆苗の最収穫

残った根と豆を水に浸しておくと、7~10日で再収穫ができるそうです。
ということで、私も豆苗の再収穫にチャレンジしてみたいと思います!

豆苗 観察1日目

f:id:freenotes:20150512013030j:plain

今日から豆苗の再栽培をスタート。

また後日に改めて豆苗の成長記録と収穫のご報告をしたいと思います。

↓こちらに豆苗の生長記事をアップしました!

freenotes.hatenablog.com

 

追記

野菜の栽培について調べてたら、面白いサイトを見つけました。
「PlantsNote」というサイトで、野菜や植物を栽培している皆さんが栽培の記録を投稿されているみたいです。
色々な野菜や植物の栽培記録があって面白かったです^^
私も栽培ノート始めてみようかなぁ~

plantsnote.jp