読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

海外ドラマの「ウォーキングデッド」にハマりすぎてヤバい。

※グロい&ゾンビの内容が含まれますので、苦手な人はご注意下さい。

 

海外ドラマの「ウォーキングデッド」にハマっています。
日曜日の昼頃から「ウォーキングデッド」の動画を観始め夜中までずっと観ていました。
現在、動画配信サイトのhuluで配信されているのがシーズン5の16話までで(2015年9月8日現在)、日曜日にシーズン5の1話~16話まで一気に観ました。
ということは、1話が45分なので12時間観ていたということになります。
配信が16話までじゃなくて、もし続きを観られたら多分24時間ぐらいは見続けてしまいそうです。
ずっと動画を観ているとさすがに疲れもあったので、途中で観るのを中断しようと思ったのですが、続きが気になりすぎてどうしても観るのを止められませんでした。
どうも「ウォーキングデッド」には中毒性があるようです。

「ウォーキングデッド」はゾンビが人を食べたり、ゾンビをやっつけたりするシーンが多いので、かなりハードなグロい内容となっています。
グロいのが苦手な人や心臓の弱い人は観ないことをおすすめします。
私もグロはかなり苦手なのですが、「ウォーキングデッド」はストーリーに引き込まれてハマり、今ではグロいシーンもほぼ耐えられるようになりました。
それでも時々、直視できなくて目を開けてられない時もありますけど…。
今日は大好きな「ウォーキングデッド」の情報を一ファンとしてまとめておきたいと思います。

ウォーキングデッドとは

ウォーキングデッドはアメリカの漫画である「The Walking Dead」が原作の人気のパニック・サバイバル・ドラマです。ゾンビがはびこる恐ろしい世界で、主人公の保安官が生存者達と共に安全な地を求めて旅を続けていきます。
『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン監督が企画、『ターミネーター』製作者のゲイル・アン・ハードなどの多数の凄い製作陣が手掛けている作品というだけあって、映像もシナリオもクオリティーが非常に高いです。
芸能人でもハマっている人が多いそうで、海外ドラマ好きの安倍総理もウォーキングデッドを絶賛してたとか…。

ウォーキングデッドの魅力

ウォーキングデッドはありがちなグロいだけのゾンビ作品とは違います。
ゾンビが溢れかえった異常な世界で、人間がどう生きていくのか、どんな問題が起きて、どう乗り越えていくのか・・・ということにスポットが当てられている作品です。
極限の状況の中で、幾度となく判断しなければいけない場面があります。
一瞬の判断で簡単に命を奪われてしまうような異常な世界での人々の判断の緊張感は半端ではありません。
非現実的なストーリーかと思いきや、観ている側が「自分だったら、こんな時どうするだろう」と登場人物に自分を重ね合わせて考えたり、共感できるシーンも多々あると思います。

主人公以外のキャラクターも非常に個性豊かで魅力的です。
私が中でも大好きな登場人物が「ダリル」です。
最初は一匹狼的なキャラクターで、人を寄せ付けず短気な性格が目立ったのですが、話が進むごとに、人としてどんどん成長し、ぶっきらぼうで不器用ながらも優しさが溢れでているところがとても魅力的に感じます。
クロスボウという矢を飛ばす武器の優れた使い手で、戦闘シーンもめちゃくちゃ格好良いです。

ウォーキングデッド観るには

ウォーキングデッドは『hulu(フールー)』『dTV(ディーティービー)』『U-NEXT(ユーネクスト)』などの有料動画サイトと 『スカパー FOXチャンネル』などで公開されているようです。(2015年9月現在)
ちなみに私はhuluでウォーキングデッドを観ています。
huluは月額980円で動画見放題で、割と海外ドラマが充実してます。
映画のラインナップも最近は充実してきました。

最後にまとめ

もし、おすすめの海外ドラマあったら教えてください。(^.^)
ジャンルは恋愛、SF、サスペンス、アクションなどなんでも好きですが、割とハラハラ、ドキドキするのが好きです。