読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

2015年の国勢調査のインターネット回答についてのまとめ

国勢調査が届いたのでインターネットで回答しました。
インターネットでの回答期限は2015年9月20日(日)までだそうで、それまでに回答しなかった場合は、2015年9月21日(月)以降に調査員が訪問して、紙の調査票が配られるそうです。
回答するのがちょっと面倒だなぁと思って、数日放置してたのですが、今日は重い腰を上げて国勢調査のインターネットでの回答を行いました。
思ってたよりも簡単な質問内容で、10分ほどで完了しました。
説明するまでもないぐらい簡単でしたが、覚書として一応どんな感じだったか書き残しておきたいと思います。

国勢調査のお知らせが届いた

国勢調査

※個人情報の部分はモザイク処理を施しています。

9月10日に自宅の郵便ポストに国勢調査のお知らせが届きました。
A4サイズの封筒がポストからはみ出ていました。
誰も盗む人なんていないとは思いますが、「こんな大切なもの簡単に盗難できる状態で届いていいの?」とちょっと思いました。

調べてみると、不在時には連絡メモを入れることになっているそうなんですが・・・。
 

9月10日(木)~9月12(土)すべての世帯に インターネット回答用IDをお配りします。 みなさまのお宅を訪問し、 不在だった場合、連絡メモを配布します。

出典:調査員の仕事|調査へのご協力|国勢調査2015 キャンペーンサイト ‐ 総務省統計局

あれれ?連絡メモなんかもらってませんが…(´・ω・`)
ポストに無防備にはみ出して投函されてました。

※この利用者情報は、配付された世帯でのみご使用ください。また、第三者に渡らないように取扱いなどには十分ご注意ください。

※本誌は、セキュリティ確保のため、原則、再発行いたしません。
調査対象者IDは、回答内容の確認や修正を行うための再ログインの際に必要となります。

出典:国勢調査 インターネット回答の利用者情報の用紙より注意書きを抜粋

「第三者に渡らないように」って言われても…。
もうすでに渡ってるかもしれません。
だって封もされてなかったし…。
せめて封だけでもすれば良いのに、一体何を考えてるんですかね。
これでは、国の情報のセキュリティーの意識を疑ってしまいますね。

気を取り直して封筒を開けてみると、写真の通りIDとパスワードが書かれた紙と、「平成27年国勢調査 インターネット回答の操作ガイド」のパンフレットが入っていました。
そのパンフレットにインターネットでの回答方法の詳細が書かれておりますので、詳細はそちらをご確認ください。

国勢調査とは

国勢調査は、日本の最も重要な統計調査です。

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。
国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法という法律に基づいて、5年に一度実施されます。
国勢調査の結果は福祉施策や生活環境整備、災害対策など、
日本の未来をつくるために欠かせない様々な施策の計画策定などに利用されます。

出典:国勢調査とは|国勢調査2015 キャンペーンサイト ‐ 総務省統計局

kokusei2015.stat.go.jp

国勢調査の回答は義務?

国勢調査の回答は義務だそうです。
回答を拒んだり虚偽の回答をした場合の罰則も定められていると封筒の案内に書いてあります。
少しだけ面倒ですが、回答しなくちゃいけなさそうですね…。
インターネットでの回答なら10分程度ですし、早めにしてしまうのがいいかもしれませんね。

国勢調査の回答を拒否したらどうなるのか

国勢調査を拒否した場合の罰則が定められていると記載されているものの、ネットで調べた限りは実際に罰せられた人は見当たりませんでした
国勢調査を拒否する人が増加しているとの情報もちらほら・・・。

↓定められている罰則の内容ですが、国勢調査を拒んだり虚偽のことを書いたら50万円以下の罰金になるそうな・・・( ..)φメモメモ
こ、怖い・・・。

honeysuckle.hatenablog.jp

国勢調査の質問の内容

国勢調査の電子調査票の全体構成は以下の通りでした。
選択肢の中から回答を選んだり、自分で入力したりでだいたい10分ぐらいで回答が完了しました。

≪世帯員について≫
1.世帯員の数及び世帯の種類
2.氏名及び男女の別 
3.世帯主との続き柄
4.出生の年月
5.配偶者の有無
6.国籍
7.現在の場所に住んでいる期間
8.5年前(平成22年10月1日)の居住地
9.9月24日から30日までの1週間の仕事
10.従業地又は通学地
11.勤めか自営かの別
12.勤め先・業主などの名称及び事業の内容、本人の仕事の内容

≪住居について≫
1.住居の種類
2.住宅の建て方

国勢調査オンラインへのアクセス

以下のアドレスが国勢調査オンラインのWEBページです。
PCもスマホもこちらからアクセスできます。
こちらのページで、案内に沿って国勢調査の回答ができます。

http://www.e-kokusei.go.jp/

国勢調査を装った詐欺には注意!

国勢調査では、電子メールで回答を求められることはありません。
国勢調査をよそおう電子メールが届いても返信したり、そのメール無いにあるアドレスをクリックしたりすることは絶対にしないようにご注意ください。

最後にひとりごと

国勢調査は5年に一度は実施されているということなのですが、なぜか私、5年前に回答した記憶が全くないのですよね…。
たぶん忘れているだけだと思うのですが、不思議な気持ちです…。
回答が簡単だったから記憶からすっぽり抜け落ちてしまっているのだと思います。
また5年後、すっかり忘れてそう。

 

freenotes.hatenablog.com