読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

ブログ記事を書くとき検索経由のアクセスアップの為に気を付けていること

ブログのアクセスアップ

タイトルのとおりですが、私なりに検索経由のアクセスを増やすために気を付けていることを書きたいと思います。
当たり前のことすぎて参考にならないかもしれませんが、初心者ブロガーさんや、「SEOって何なの?」という方には少しは参考になると幸いです。
「検索経由のアクセスなんて増やしたくない」という人はスルーしてください。

私は文章が下手で、ネタもなく、面白い発想もないために、面白い記事が書けませんので、バズることはめったにありません。
ですので、このブログのアクセスは8~9割が検索経由です。

それでも少しずつですが右肩上がりにアクセスが増えており、ありがたいです。

検索経由のアクセスは、あまり爆発的に増えることはないものの、アクセスが比較的安定しているという特徴があります。

このブログは1~2回だけ、ややバズった時には、1~2日だけ爆発的なアクセスがあったものの、すぐに通常のアクセス数に戻りました。
基本的に「バズる」というのはそんな感じなのだと思います。

「バズる」の意味

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマーケティング

出典:バズる(バズル)とは - コトバンク

SEOとは?

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、ある特定のキーワードで検索が行われた際に、その検索結果の上位に自社のサイトを表示させる為の一連の施策。
検索エンジン最適化。Search Engine Optimizationの略。

 出典:SEOとは -インターネット広告用語辞典-

例えば、「ラーメン」というキーワードで、検索エンジンで検索されたときに、自分のブログを上位表示させたいとします。
「ラーメン」というキーワードが一つも入ってないサイトが上位されることは、基本的にあり得ません。
「ラーメン」というキーワードをサイト内に、適度に入れ込む必要がります。
あまり意識せずに普通にラーメンの記事を書いたら、自然と適度な感じになると思います。

私自身も素人ですので、キーワードをどのぐらい盛り込んだらいいのか、とかSEOの細かいテクニックはこの記事では割愛しますので、興味のある人は『SEO』というワード等で検索して調べてみてくださいませ。

検索エンジンで上位表示されたいからといって、変な小手先のテクニックを使うと、逆効果になる可能性があります。
例えば『ラーメン ラーメン ラーメン・・・』と羅列しまくった記事で、内容が薄っぺらな記事を書いたとします。
もしそんなサイトが上位表示されたとしたら、検索エンジンを利用している人にとっては迷惑ですよね。
だから、そんな変な記事ばっかり書いていると、検索エンジンからペナルティを与えられて、順位が下がったり、最悪の場合は検索エンジンに掲載されないようになってしまいます。

検索エンジンを欺くような不自然な対策は「SEOスパム」と言われています。
SEOスパムと呼ばれる行為は他にも沢山あるので、興味のある人は『SEOスパム』のキーワードで調べてみてください。

SEO対策というのは、キーワードに気を付けるだけでなく、被リンクとかHTMLソースコードの最適化などなど、他にも沢山あります。

SEOを本格的に学ぶのにはそれなりの時間がかかると思いますので、もし変なSEO対策をするぐらいだったら、何も気にしないで普通にサイト運営しているほうが、よっぽどマシなんだと思います。

検索経由のアクセスアップのために私が気を付けていること

記事タイトルには、上位表示させたいキーワードを必ず盛り込みます。
例えば『ラーメン』に関するワードで上位表示表示させたい場合は、記事タイトルに『ラーメン』を入れます。
これはSEOの基本中の基本です。


ただし『ラーメン』に関するWEBサイトは何千ページ(何万ページ?)もあると思います。
だから、こんな弱小ブログが上位表示されるわけがありません

ここから、私の気を付けていることを書きます。(前置きが大変長くなり、すみません。)

以下のようにYAHOOの検索窓に『ラーメン』と入力すると、「ラーメン次郎」「ラーメン博物館」「ラーメンデータベース」などなど、『ラーメン』の複合キーワードいくつか表示されます。

沢山の人が検索した複合キーワードが、ここに表示されるようになります。
この複合キーワードは定期的に更新されており、最近、多く検索されたものが表示されています。

虫眼鏡


「ラーメン」というビッグキーワードでは、弱小サイトは上位表示される可能性は低いですが、「ラーメン二郎」とか「ラーメン博物館」とかいうスモールキーワードなら、上位表示を狙える可能性があります。

では「ラーメン二郎」というキーワードでさらに調べてみましょう。

関連ワード
すると1番上はラーメン二郎のお店のWEBサイトです。
このWEBサイトよりも上位表示されるのは難しそうです…。

そこで、上の写真の赤枠で囲んだところを見てみてください。

すると「ラーメン二郎 店舗」とか「ラーメン二郎 カップ麺」とかいろいろなキーワードがあります。

「ラーメン二郎 カップ麺」なら、個人の弱小ブログでも十分に上位表示を狙えそうです!

こんな感じで、どんどんスモールワードを探っていくと、上位表示を狙えそうなキーワードが出てきます。
自分が記事を書けそうなスモールワードをどんどんブログに盛り込んでいけば、どれかのキーワードで上位表示される可能性が高いですし、もしその記事にある程度のアクセスが集まり、検索エンジンから評価が高くなれば、いずれはビッグキーワードでも少しずつ表示順位が上がっていきます。

私のブログの場合は、この方法を意識して書いた記事が上位表示されている確率が高いです。
全然、意識せずに書いている記事もいっぱいありますが(;´・ω・)

この方法は、アクセスアップにも有効ですし、他の人がどんなことに興味があり、検索しているのか知るのにも役立ちます。
ブログネタも見つかりやすくなるかもしれません。

「そんな事とっくに知っとったわい!」という人も多いかとは思いますが、最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございました。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方