読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

簡単DIY!カッティングシートでこたつの天板をリメイクしました

こたつの天板の表面が剥がれてきて、だんだんと汚くなってきたので、天板のみを購入しようかと思っていました。
実際にこたつの天板のみを探してみると、欲しいデザインのものは意外にお値段が高くて、自分でこたつの天板をリメイクできないものかと考えました。

ネットで調べてみると、こたつの天板の修理やDIYなどの情報が色々と出てきました。
そしてカッティングシートなら簡単に、こたつの天板のリメイクができることを知り、私もやってみました!

想像以上に簡単で、なかなか満足の仕上がりになりました^^
ちなみに仕上がりはこんな感じです。

f:id:freenotes:20151120010202j:plain

今回、こたつの天板のリメイクに使ったカッティングシート

ネットで「カッティングシート」のキーワードで検索すると色々な模様のが出てきます。
私は楽天市場で「カッティングシート 木目柄」で検索して、以下のカッティングシートの「木目メープル」という種類のを選びました。

私のこたつの天板は80×80cmなので、それよりもちょっとだけ大きいサイズの90cm×1mのカッティングシートを1200円ちょっとぐらいで買いました。

PCの画面で見ても、実際の色や質感がちょっとだけ分かりづらかったので、まずはこちらのお店で、自分の気になるものを選んで、カッティングシートの無料サンプルをいつくか頼みました。
すると、こんな感じでカッティングシートのサンプルが数日後に届きました。
モニタで見たのと実際に届いたものでは、やはり印象が多少違いました。
モニタの色はそれぞれ違うので、できればサンプルを実際に手に取ってみるのがおすすめです。

カッティングシートのサンプル

家具だけでなく、電気製品に貼ってリメイクしてる人もいるそうです。

iemo.jp

カッティングシートでこたつの天板リメイク方法

貼るだけなので、説明するまでもないですが、一応…。

これが、リメイク前のこたつの天板です。
所々、ハゲてて汚いです。
古い天板

このようにこたつの天板の淵に、囲い(?)みたいなやつが付いているので取り外しました。

こたつの淵

そして、カッティングシートを貼っていきます。
そんなに粘着力が強くなかったので、貼ってみて失敗したら簡単に貼り直しできたので、コツもいりませんでした。

空気を抜くために、ヘラみたいなもので表面をなぞったら、空気が入ることもなくきれいに貼れました。

適当なヘラを持ってなかったので、私はお好み焼きをひっくりかえすコテでやりました。
金属のコテだとカッティングシートを傷つけてしまう恐れがあるので、私はコテをタオルをくるっと包んで使いました。

まいど本舗 おかんの 返しやすいお好みコテ DS-1024

まいど本舗 おかんの 返しやすいお好みコテ DS-1024

 

カッティングシートを貼り終えたら、天板より1cmぐらい大きめにカットして、天板の淵の囲いみたいなをその上から、ハメなおして完了。

ちなみに、このカッティングシートはドライヤーの温風などで温めると少し伸びるので、ある程度のカーブにも対応しています。
興味のある方は商品ページで確認してみてください。

あとがき

初めてカッティングシートを使ってみたのですが、想像以上に簡単に貼れてイメージもガラっと変わるので、他の古びた棚とかもリメイクしてみたくなりました。
色々な質感や色柄があるので、気分転換や模様替えにもいいかなぁと思います。

iemo.jp

suvaco.jp