読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

確定申告に備えて人気のクラウド会計ソフトの比較

確定申告イメージ

そろそろ確定申告の時期が近づいてきましたね。
私は会社員ですが、クラウドワークスでの副業とamazonアソシエイトなどのわずかなネット収入があるので、確定申告の予定です。

これまでは手書きかExcelでの帳簿づけぐらいしかやったことがないのですが、確定申告のことを色々と調べているうちに、クラウド会計ソフトを導入を導入すると、確定申告がだいぶ楽ちんになりそうなので導入の予定です。

「クラウド会計ソフトのメリット、デメリット」とか「そもそもクラウド会計ソフトって何なのよ?」とか「人気のクラウド会計ソフトの比較」をまとめたいと思います。

クラウド型の会計ソフトとインストール型の会計ソフト、どっちがいいのか?

調べてみた結果、好みや状況が人それぞれなので何ともいえません。
メリット、デメリットを比較検討して自分に合うものを選べばいいと思います。
クラウド会計ソフトのほうが新しいサービスなので、まだインストール型ソフトのシェアのほうが多いですが、クラウド会計ソフトに移行する人も増えてきているみたいです。

クラウド型の会計ソフト

インターネットにさえ接続していればどのPCからでも使用できるタイプです。
「freee」や「MFクラウド会計」などがクラウド型の会計ソフトとしてメジャーです。

≪メリット≫

  • インストール不要で、ネットが使える環境ならどこでもアクセスできる。
  • ネットバンクやカード決済などの明細データを自動的に取り込むことができ、入力の手間が省ける。
  • 常に最新バージョンが使え、新しいサービスとの連携も盛ん。
  • 経理の知識がなくても使いやすいサービスが多い。

≪デメリット≫

  • インターネット環境にないと使えない。
  • ネット環境に依存するので手入力がインストール型よりレスポンスが遅い場合がある。

インストール型の会計ソフト

PCにソフトをインストールして使用する以前からあるタイプです。
「弥生会計」や「会計王」(個人事業主は「やよいの青色申告」か「みんなの青色申告」)などがインストール型の会計ソフトとしてメジャーです。

≪メリット≫

  • ソフトがインストールされているので、入力時のレスポンスが早い。
  • ネットが繋がっていなくても使える。
  • 長年ソフトを買い替えずに使い続ける場合は、クラウド型会計ソフトよりも割安な場合がある。

≪デメリット≫

  • ソフトがインストールされたPCでしか使えない。
  • 消費税の変更などの法律改正などに対応してバージョンアップする場合は、自分で気を付けておく必要がある。

クラウド会計ソフトのセキュリティー面は?

クラウド会計ソフトのことを検討するときに、セキュリティーの心配が出てくると思います。
IDとパスワードを入力したらログインできてしまうので、当たり前ですがIDとパスワードを他人に漏らさないように気をつけないといけません。
そして信頼できるクラウド会計ソフトのサービスを選ぶ必要があります。

以下のyoutube動画の税理士さんの解説がとても納得だったのですが、ネットバンキングの使用に抵抗があるような人だとクラウド会計も不安に感じるかもしれません。
逆にネットバンキングの使用に抵抗がない人だと、クラウド会計も同じようなセキュリティ感覚で使用できるのでは?ということでした。

www.youtube.com

クラウド会計ソフトの比較

さて、前置きが長くなりましたが、ここからクラウド会計ソフトを比較していきます。

クラウド会計ソフトのシェアは?

デジタルインファクト社の調査によると、クラウド会計サービスを利用している法人・個人事業主合計371社にアンケート調査を行った結果のシェアの順番は、1位 freee、2位 弥生、3位 パイプドビッツ、4位 マネフォワード…(以下省略)…となっています。

f:id:freenotes:20151219123351p:plain

調査結果出典: デジタルインファクト

人気のクラウド会計ソフトのまとめ

それでは、上記調査のシェアの上位4社のクラウド会計ソフトについてまとめます。
他にもクラウド会計ソフトはいくつかありますが、メジャーな会計ソフトにしておいたほうが、分からないことが出てきたときに調べやすいし、安心感もあるのではないかと思います。
クラウド会計ソフトはどの会社でも新しいサービスなので、どんどん機能やサポートが改善、追加されるようなのであまり詳しく書くとすぐに変更になりそうなので、ポイントだけ大まか書きます。

freee(フリー)

運営元:freee 株式会社(旧CFO株式会社)
freeeは個人事業主や中小企業を対象としたクラウド会計サービスです。
創業は2012年7月という新しい会社ですがクラウド会計ソフトのシェアNo1(2015年12月調べ)
社長は元々Googleに勤めていた人で、独立してfreee株式会社を立ち上げたそうです。
銀行やクレジットカードの情報を登録するだけで自動で会計帳簿を作成してくれ、経理や簿記の知識が殆どなくても使えるというのが特徴です。
ただし何もかも全部自動というわけではないので、自分で入力の必要なところあります。
青色申告にも白色申告にも対応しています。
1ヶ月間は無料お試しで利用出来ます。
公式サイト:freee (フリー)

弥生会計オンライン

運営元:弥生株式会社
シェアと知名度ともにNO1の財務会計ソフト『弥生会計シリーズ』のクラウド版が登場しました。
個人事業主から大企業まで幅広いランナップがあります。
白色申告用も青色申告用のソフトもあります。
くわしくは公式サイトで確認してみてください。
公式サイト:弥生会計オンライン

ネットde会計

運営元:株式会社パイプドビッツ
「ネットde会計」は中小企業を主な対象としたクラウド型会計ソフトです。
経理レベルに合わせた多彩な入力方法が選択できるという特徴があります。
経理初心者向けの出納帳や売掛・買掛帳入力、そして経理上級者向けの伝票入力と仕訳入力ができます。
30日間無料お試しができます。
そして、なんと個人事事業者向けの「ネットde青色申告」のほうは基本利用料は全部無料になったそうです。
「ネットde青色申告」は経理や会計の知識が無くても、家計簿感覚で使えるクラウド型会計ソフトというのが特徴だそうです。
公式サイト:ネットde会計

MFクラウド確定申告

運営元:株式会社マネーフォワード
「MFクラウド確定申告」は個人事業主やフリーランス向けのクラウド会計ソフトです。
法人向けには「MFクラウド会計」というのが別であります。
ここでは「MFクラウド確定申告」について書きます。
クレジットカードや銀行の情報を入力するだけで、「明細の自動取り込み」が簡単にできます。
ややこしい勘定科目を自動で判別する機能や、登録した仕訳のルールを学習してくれる機能があり、使い込むほど入力が楽になる仕組みです。
無料お試しもあります。
更にはMFクラウド確定申告には無料プランというのもあります。
無料プランは月間仕訳件数15件/月などいくつか制限はありますが、場合によってはこれでも事足りるかもしれません。 青色申告にも白色申告にも対応しています。
公式サイト:MFクラウド

こんな人は確定申告をしなければいけません

■会社員の場合
・副収入の合計所得金額が20万円を超える人
・2か所以上から給与をもらっていて、サブの給与収入が20万円を超える人
・年収が2000万円を超える人

他にも確定申告しなければいけないケースは稀にあるかもですが、よくあるパターは上記の通りかと思います。
年収2000万円を超える会社員も稀でしょうが…。
ちなみに、所得というのは収入から必要経費を差し引いた金額です。

■個人事業者、フリーランスなどの場合
・納付する税額のある人

 

■年金受給者の場合
・公的年金をもらいながら働いていて、年金以外の所得が20万円を超える人
・400万円以上の公的年金をもらっている人

 

★確定申告の期間は・・・
2015年(平成27年)の1月1日〜12月31日までの売上や経費を記録して、その結果をまとめて2016年(平成28年)の2月16日~3月15日の間に提出しなければいけません

あとがき

実際にクラウド会計ソフトを無料お試しで使ってみて、個人的には「MFクラウド確定申告」と「freee」が気になっています。
「freee」は簿記の知識がなくても直観的に操作がしやすい感じですが、MFクラウドのほうが一般的な簿記の形式に近い感じがします。
どっちがいいかは本当に迷いますが、今後、簿記もきっちり勉強してみたいので、MFクラウドのほうに気持ちが若干傾いています。
どちらにしても、自分でExcelとかに帳簿をつけるのよりは格段に楽ちんかなぁと思います。

確定申告を簡単に自動化してラクする本 MFクラウド確定申告公式ガイド2016年版

確定申告を簡単に自動化してラクする本 MFクラウド確定申告公式ガイド2016年版

  • 作者: 税理士法人アクセス,株式会社マネーフォワード
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
世界一ラクにできる確定申告 ~全自動会計ソフト「freee」で手間なく完結! ~ 平成27年版

世界一ラクにできる確定申告 ~全自動会計ソフト「freee」で手間なく完結! ~ 平成27年版

 
個人事業主・フリーランスのための確定申告 平成27年3月16日締切分 無料で使える! やよいの白色申告 オンライン対応

個人事業主・フリーランスのための確定申告 平成27年3月16日締切分 無料で使える! やよいの白色申告 オンライン対応