読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

有吉ゼミで紹介されたBlueBlood(ブルーブラッド)枕を使った感想

暮らし

『有吉ゼミ』というテレビ番組で睡眠マニアの高畑裕太さんがおススメの睡眠グッズとして、超お気に入りの枕をいくつか紹介していました。中でも20種類以上の枕を試した中で、高畑裕太さんが1番ハマっている疲れにくい究極の枕というBlue Blood(ブルーブラッド)というジェルピローが特に気になりました。テレビを観た後、購入しようと思い楽天などの通販サイトで検索してみたのですが、人気すぎていつも売り切れでした…。

ついにBlueBlood(ブルーブラッド)が届いた

有吉ゼミでBlue Bloodが取り上げられたのは、2015年11月9日のことですが、ネット通販の楽天市場で予約販売で購入して、今日、やっとBlue Bloodが届きました‼嬉しすぎるので、張り切ってレビューしたいと思います!

箱入り

届いたとき、想像よりも箱のサイズが大きかったので、ちょっとビックリしました!Σ(・ω・ノ)ノ!ちなみに、このBlueBlood枕のサイズは約65×40 cmです。

枕ベッドの上

BlueBloodを箱から出してベッドの上にセッティングしてみました…。ちなみにこれはシングルサイズのベッドです。BlueBloodの枕サイズは大き目なので、寝返りをうつのが楽そうです。

質感がもっちりしていて気持ちいい~

枕手で押したところ

BlueBloodは固さがレギュラーとソフトから選べるのですが、私は柔らかめの枕が好きなので、ソフトのほうを買いました。押してみると、程よく柔らかくてムニュムニュ、もっちりした質感でとっても気持ちいいです。テンピュールの低反発枕も以前に使っていたことがあるのですが、それよりも柔らかい感じです。低反発枕に割と近い質感ですが、それよりもよりしっとり感があります。

 

枕手で押したところ

手で押した直後は上の写真のような感じで、少し沈みこんでいますが、少ししたらすぐに元の形に戻ります。私の写真では質感が伝わりづらいので、興味のある人はお店の商品ページにて詳細を確認していただければ…と思います。

枕カバーは最初からついてました

白枕カバー外し

枕カバーは届いたときからすでに被せられていたので、「中はどんなかな~」と思って、一旦外してみました。カバーを外したら中身も真っ白ですね。

「綺麗な白いカバーなので汚れちゃうと嫌だなぁ…」と思い、BlueBloodの枕カバーを探してみたら売ってました。

枕カバーが1,980円…。なかなかいいお値段ですね。貧乏性な私としては買うのはちょっと勇気が要るお値段です。

100円均一のタオル2枚で枕カバーを手作りしてみた

100均タオル

「自分でBlueBloodの枕カバーを作っちゃおう♪」と思いつき、100均でちょうど良さそうなサイズのタオルを2枚買ってきました。ミシンがないので、手縫いでザクザク波縫いすること、およそ20分…。

枕カバー済

即席枕カバーの完成です(^▽^)/
生地がちょっと安っぽいので貧乏くささは否めませんが、タオル地なので肌触りは良くて気持ちいいです。
いい感じの生地で作れば枕カバーとしては十分だと思います。

あとがき

枕カバーを作った後、BlueBloodの寝心地をちょっと試してみたくって横になっていたら3時間ほど昼寝してしまいました。枕の形が自分の首回りの形にフィットするので、寝心地はとても良い感じです。もともと寝るの大好きな私ですが、これから益々おやすみタイムが楽しみです。