読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

本のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

話題のモバイル型ロボット電話『ロボホン』の発売日や価格などまとめ

話題 電気製品 モバイル

シャープが開発した話題沸騰のモバイル型ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』の発売が秒読みです!発売日は2016年5月26日で、Amazonや楽天市場などの通販サイトでも、すでに予約受付が開始されてます。

この気になる『ロボホン』について、特徴や価格などいろいろ調べたのでまとめておきます。

シャープ モバイル型ロボット電話ロボホン SR-01M-W

RoBoHoN(ロボホン)

楽天市場で見る
Amazonで見る

 

『ロボホン』の特徴

商品のキャッチフレーズは「ココロ、動く電話」。

ロボホンのコンセプトは、ロボット電話です。スマホに手・足・頭を付けて、命を吹き込んだとでも言えばいいでしょうか。機能も盛りだくさんで、コミュニケーションロボットとして会話したり歩き回ったりするほか、電話やメール、アプリのダウンロードができます。ユニークなのは、レーザープロジェクターを内蔵していて、壁に映像を映し出せるので、ロボットと一緒にテレビを見る感覚で動画を楽しめるわけです。

出典:ロボホンが目指したのは“目玉おやじ”?~ロボットクリエーター 高橋智隆氏 - 日経トレンディネット

trendy.nikkeibp.co.jp

ロボットとしてはかなり小さ目のサイズで、全長約19.5センチ、体重約390gです。Yシャツの胸ポケットに入れて持ち歩けるそうです。

ロボホン

ロボット電話

RoBoHoN

ロボット

出典:Amazon.co.jp: シャープ モバイル型ロボット電話ロボホン SR-01M-W

『RoBoHoN(ロボホン)』の価格

気になるロボホンの価格は19万8000円(税別)。8%の税込みで計算すると21万3840円(税込)です。安いのか高いのか分かりませんが、買うのはなかなか勇気のいるお値段です。でも見ていると可愛くて、かなり欲しくなっちゃいますね…。

『RoBoHoN(ロボホン)』の生みの親「高橋智隆」さんについて

この斬新なロボット電話を開発した人が気になって調べてみたところ、ロボットクリエイターの高橋智隆さんという方が生みの親で、シャープと高橋智隆の共同開発だそうです。

高橋智隆

出典:ROBO GARAGE | ロボ・ガレージ

経歴を見ると、数々のロボットの制作に携わり、ロボットに関する賞をかなり沢山受賞されているみたいです。ちょっと彫り深めのイケメンですね!

『RoBoHoN(ロボホン)』はどこで買える?

RoBoHoN(ロボホン)はシャープの特設サイト「https://robohon.com/」や、楽天市場、Amazonなどの取り扱いのある通販サイトで予約して買うことができます。発売日は2016年5月26日ですが、予約はすでに開始されています。

RoBoHoN(ロボホン)

楽天市場で見る
Amazonで見る

あとがき

携帯電話はもう十分に進化しているので、これ以上どんな風に進化していくんだろうと思ってたのですが、何年後かにはロボット電話が当たり前の時代が来るのかもしれませんね・・・。