読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフリーノート

漫画のレビューや気になることを自由に書き綴っているブログです。

売れっ子プロデューサーも絶賛!米津玄師 の「LOSER」のMVが凄い

音楽

2017年1月8日放送の『関ジャム』というテレビ番組で「売れっ子プロデューサーが本気で選んだ 2016年の名曲ベスト10」というのをやってました。音楽プロデューサーの蔦谷好位置(読み方:つたや こういち)さんが選んだベスト10の中で、私が特に気になったのが米津玄師(読み方:よねず けんし)という歌手の「LOSER」という曲でした。

 米津玄師 の「LOSER」のMVが凄いので、まずはYouTube動画を貼っておきます。ダンスが独特で誰も真似できないような感じで圧巻です。音楽も超かっこよくて繰り返し聴いても気持ちいいです。

 米津玄師という人を初めて知ったのですが、ネットで色々と調べてみたので、プロフィールや代表曲などなど、まとめておきたいと思います。

米津玄師のプロフィール

 ハチ / 米津 玄師

HACHI / Kenshi Yonezu

作詞 作曲 絵
1991年3月10日生まれ。
徳島県出身。

2009年より、”ハチ”名義でニコニコ動画へオリジナル曲を投稿し始め、「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」等の作品を発表。VOCALOIDシーンの中で、中毒性のあるロックサウンドで存在感を切り開いていき、日本だけでなく世界からも注目されるという、群を抜いた実績を誇る。また、イラストと映像も自身で手掛けている。

 出典:PROFILE | 米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」

米津 玄師(よねず けんし)という名のほかにもハチという名前でも活動しているようですね。イラストや映像も自身で手がけているということで、かなり多才な人のようです。

米津玄師の人気曲ピックアップと感想

米津玄師さんの人気曲TOP3は以下の通りです。

アイネクライネ

東京メトロのキャンペーンでCMソングとして起用され有名で、米津玄師さんの代表曲の1つだそうです。「アイネクライム」はドイツ語で翻訳すると、Eine=女性形の不定冠詞(英語でいうところの不定冠詞「a」)、kleine=「小さな」の意。日本語にすると「小さな」となりちょっと半端な言葉だそうです。女性目線の歌詞で、切ない気持ちが沢山伝わってきて胸がキュンとなりました。

「アイネクライム」収録のアルバムは以下『YANKEE』

YANKEE (通常盤)

YANKEE (通常盤)

 

 

メトロノーム

別れてしまった男性の気持ちを歌っている歌で、この歌の主人公の男性が相手の女性のことをまだ愛しているということが痛いくらい伝わってくる切ない内容となっています。メロディの中には規則的に奏でられるメトロノームのような音が入っていたり、歌詞の中にもメトロノームが何度か登場し、かつてはカップルだった2人の気持ちや情景を表しており「メトロノーム」がこの歌のキーになっているようです。

「メトロノーム」収録のアルバムは以下『Bremen』

Bremen (初回限定盤)(CD+DVD) (映像盤)

Bremen (初回限定盤)(CD+DVD) (映像盤)

 

 

vivi

歌詞が難しくて色々な状況が想像できました。解釈は人それぞれ違ってていいと思うのですが、何らかの事情で主人公が、愛する人に伝えるべき思いも伝えられることもなく、去っていくストーリーだと思います。メロディは淡々とした感じなのですが、かえってそれが諦めや絶望にも近いような悲しい気持ちが伝わってきました。

「vivi」収録のアルバムは以下『diorama』

diorama

diorama

 

あとがき

米津玄師さんは常に新しい表現に挑戦し続けており、新しい音も積極的に取り入れているようです。それだからなのか、米津玄師さんの音楽の中には私が初めて聞くような音やメロディがいくつかあり、不思議な感覚が気持ちいいと思いました。この記事で紹介した以外にも沢山の曲があるので、これから注目して聴いていきたいと思います。